会計士・会計士事務所、税理士・税理士事務所のことならE-PROMOTER                                                      トップページ|会計士|税理士|会計・税理士事務所

E-Promoter 税理士vs会計士
税理士とは?税理士の仕事
税理士VS会計士のトップページへ
会計士とは?会計士の仕事


トピック

トップページ

会計士

会計士とは?
会計士のメリット
会計士の仕事
会計士事務所

税理士

税理士とは?
税理士のメリット
税理士の仕事
税理士事務所



Last update:2014/9/11

税理士の仕事|税理士のメリット|税理士の事務所

   税理士とは?

皆さんは、「税理士」という職業資格をご存知でしょうか?一言で言うと、税理士とは、税務のプロフェッショナルなのです。
税理士法に基づき資格を付与されて、現在は約67000人が税理士として登録しています。そして、、クライアントの依頼により税務書類の作成や税務調査の立ち会い、税務の相談などの業務を行っています。

また、税理士業務は、税理士の独占業務です。従って、税理士でない者が税理士の業務を行うことは法律で堅く禁止されています。

税理士の使命

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています(税理士法第1条)。

税理士の倫理

税理士は脱税相談に応ずることができません。しかし、依頼者が租税に関して不正な行為がある場合には、是正をするよう助言しなければならない事になっています。

納税者の信頼に応えるために、税理士は、業務に関して知り得た秘密を守る義務がありますので、安心して依頼することができるでしょう。
使用人についても同様の義務があります。税理士は、税理士の信用又は品位を害するような行為も禁じられており、税理士業務に関して帳簿を作成し、使用人等に対する監督義務もあります。

税理士となるには

(1) 税理士試験に合格した者である事
(2) 税理士試験を免除された者である事
(3) 弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む事。)
(4) 公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む事。)
のいずれかに該当しなければなりません。

 その上で、日本税理士会連合会に備え付ける税理士名簿に登録して、税理士会に入会した後に業務を行っています。


ページのトップへ戻る